自分で設計した家に住んでみて思うこと

コラムはじめました。
_62A0100 (Medium) _62A9975 (Medium)
 
設計という仕事に携わって13年。(間で出産や育児休暇をしつつ…)自分たちの設計した家に住んでみて2年。
やっぱり住んでみないとわからないことは沢山ある。
そんなことを書き綴ってみたいと思います。
 
設計するときに、「冷暖房をどう計画するか」ということは非常に大切な事で、そのシステム費の余剰、効率、そのための設計や工夫、暮らしのイメージを考えます。
 
我が家で導入したのは、今までの設計経験でしっかり携わってきた「薪ストーブ」と「そよ風(OMソーラーに近いもの)」でした
 
過去の勤め先のショールームに導入していた時もあるし、「心地」はしっかり把握してる!と導入や設計には何も心配はなかったけども、そこに「住む」となると、夜は過ごすし、風呂にも入るし、子供はパンツいっちょうだし、パジャマに着替えるし、「勤め先での経験」とは気温も体感気温も状況も全く違うわけで。
 
次回から、まずは薪ストーブから…。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)