仁摩にできる道の駅の設計をすることになりました。

どどーん。建設興業タイムス。
左上の大田市「公募型プロポ仁摩道の駅 飴屋・安藤設計(共)を特定!

東京オリンピックが終わったぐらいに、仁摩・石見銀山地区の高速の入り口に新しく道の駅ができます。公募型プロポーザル審査の結果、我々「飴屋工房・安藤建築設計室 設計共同体」がその道の駅のデザインをすることになりました。

プロポでは審査委員から「独特なデザイン」と評されましたが、”いやいや、それを選んだあなたたちがすごいよ”、という大田市へ賞賛の気持ちでおります。

 

******************************************

ちなみに、こんな講評でした。

”コンセプトをしっかりとらえる中で、各所において、にぎわいの創出や地元に根差した発想などオリジナリティがあり、現実性がある提案でした。また、プレゼンテーションでは、地場産業、職人の活用や、地元とのコミュニケーションを大切にし、それらを前提としたデザイン姿勢がよく伝わってきました”

 

など。

******************************************

 

まだいろんな絡みでデザインのお披露目できません、もう少々お待ちください。

http://www.city.ohda.lg.jp/tag/15495/20328170712_建設興業タイムス-1



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)