温泉津 春のやきもの祭り

ご無沙汰しています。
島根では大田市を震源とする地震があったり、設計案件の追い込みがあったり、地震の影響で応急危険度判定に出たりとバタバタしていることを理由にすっかり投稿がおざなりに。

Facebookにはアップしてたりするのですがね。過去を振り返るのは置いといて、今日はレジャーで大田市温泉津のやきもの祭りに行ってきました。実はこの温泉津、仁摩道の駅関係で、フィールドワークにて昨年冬にお邪魔していた場所。登り窯や窯元の建物なども由緒あるもので、震災被害については、人づてに大丈夫みたいだよ、と聞いていましたが心の隅で心配でした。(被害情報については応急危険度判定で連日大田市に派遣されていた自分の情報なので、今日改めて、どちらの窯元も物損被害は多少あったけれども、建物や人命には被害がなかったと聞き、ほっと肩を撫でおろしたところです。大田市内の窯元は、被害を受け、程度はわからないけど直さなければいけないレベルだそうで。建物と生活は直結するけども、さらに仕事も直結するとダメージやストレスは大変なものだろうと思います。だから、もっと建物のことや災害後のフォローのことは考えなくちゃいけないなあとぼんやり考えてみたりしています。

今日のやきもの祭り、写真が全然ありません。いつものことですが我が家のような、小さい子供連れの、さらに焼き物(割れ物)たくさんの場所なんて、ちょっと目が離せません。一枚だけ、登り窯をバックに子供の写真(笑)こちらは窯元さんたちで震災後の被害確認をされたと伺いました。被害がなくてよかった。こんな壮大な登り窯、残さないといけないと思います。もう景色。

IMG_20180422_134321412_HDR



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)