コンパクトレイアウト

コンパクトキッチンのレイアウト

お茶をいただく、ご一行(笑)

前に投稿したおかわりカウンターの続きのお話。

コンパクトなキッチンほど、おかわりカウンターみたいなゆとりが欲しい。

ゆとりを生み出すためには、キッチンだけのお話ではなくなるわけで。

ここのお宅は、二つに別れた2型。対面側にシンク、奥にコンロ。

極端ですが、冷蔵庫はパントリーにイン。

その際には出し入れに支障がないよう、

冷蔵庫後ろのスペースと限られたリビング奥行に気を使いました。

リビング側のテレビ台もスペース優先で丸く。

パントリーに入れる掃除道具や、かばんやコートの量と兼合います。

オーナーの英断のおかげでキッチンはとてもすっきりして、

作業スペースもたっぷり取れることに。

暮らしてみても、冷蔵庫の使い勝手も、本人さんは不満ないとのとこと。

優先順位はとっても大事で、本人さんにしか決められないこと。

因みに、実は我が家もパントリーイン冷蔵庫です。

計画時の3d提案の時は、アイランドキッチンでした。

その後、冷蔵庫がパントリーに移動、対面の手元も隠すことになりました。

手元隠しの際、おかわりカウンターだけは対面のままとさせたくて、

正面から見るとカギ形としてます。

個人的には、そこが一番の萌えポイント。

キッチンの話が続きましたが、

次回は、建物性能の考え方について問い合わせをいただいたので、少しお話したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です