計画の進め方、工程の進め方

計画のご相談
まずはお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。依頼の有無の関わらず事務所にお越し頂いた方には無料でご相談に応じております。当事務所にて、写真などをご覧いただきながらお話を伺います。ご要望・ご予算・ご質問などいろいろなお話をお聞かせ下さい。新築のご相談から既存建物の増改築にも応じています。
初回顔合わせにてお互い相性・ご要望とご予算のバランスなどをお聞きした上でお引き受け可能かお返事させていただいております。出張が必要な場合は場所に応じて交通費をいただいております。
基本案ご提案
コンセプト・プラン・模型などでプレゼンテーションいたします。敷地条件と頂いたご要望を元に検討を行います。ラフスケッチやスタディ模型を制作し空間の確認を行います。スタディ内容は様々ですが、プレゼンテーションはご要望を十二分に反映した内容となるよう、わかりやすさを重視しています。、ご納得いただき、次の段階に進むときに設計着手金(設計監理料の約10%)をお願いしております。
ご契約・発注
ご提案内容を気に入って頂けましたら、「設計監理業務委託契約」を交わします
基本設計
初回提案を元に、模型・パースなども用いてさらに検討していきます。 納得がいくまで打合せを行い建物のプラン・外観・仕上などを決めていきます。 最終的にはコストバランスを考慮しながら一般図(平面図・立面図・断面図・仕上表程度)をまとめます。基本設計が終わると概算見積もりを施工会社数社に依頼し、ご要望とご予算のバランスを確認します。 

実施設計
見積や工事のために必要な詳細図面を作成、構造・設備との調整、行政との事前協議・確認申請等を行います。 図面作成後は工務店数社への見積依頼を行います。 見積金額や実績などからプロジェクトに適切な工務店を決定します。
見積調整
見積のチェック、設計内容とのミスマッチを精査します。施工会社によってコストの開きは20%近くになることもあります。一概にはいえませんが仕様変更などで計画内容をあまり変えずに10%近く減額を行えることも多々あります。最終的に設計監理了を上回る予算調整が可能なことも多く、設計事務所が計画に関わることで施工費が抑えられるケースもあります。
工事契約
見積金額や実績などからプロジェクトに適切な工務店を決定します。
工事監理
設計図面・工程通りに工事が進んでいるか、現場へ足を運んでチェックします。また、色や素材・設 備機器等の最終決定を行います。
完成検査
設計図通りに建物ができているか施主・設計者・施工者が最終チェックした上で、建築基準法に基づいた完了検査が行われます。
お引渡し
手直しが必要な場合は、手直し工事をした後、建物のお引渡しを行います。またお引渡し後も工務店と連携してアフターフォローを行います