設計理念

 ◎CONCEPT 

その土地に、場所に、バランスよく佇む、丁寧に大切に暮らせる家をつくりたい

島根県に住んでみて思います。

どうしてこんなにも「快適に住む」ことが重要なのか。わたしたちは名古屋や東京から引っ越してきて、この山陰の湿気、雨、雪の辛さに驚きました。(気温だけを見たらこちらのほうが快適そうにすら思うのに!) また、田舎ゆえ、車社会。駅やバス停から自宅まで歩いたり、散歩しながらドラッグストアに寄ったり、商店街で買い物しながら出たり入ったり、地下街に入ったりということが都会に比べて少ない。目的地⇔自宅の関係。ここでは室内で過ごす時間が長いことを実感しています。

太陽の出方も日々感じる湿気も、田んぼの上をすり抜ける風も、山陰地方ってこんなにも違う。さらに言えば、この土地と向こうの土地の太陽の向き、風の通り、道路や隣家との関係、すべて違う。その土地の中で気持ちのいい場所はどこなのか、どうすると快適に過ごせるのか。断熱や暖房の方法は何がいいのか。軒の長さは何ミリ出そうか。ケースごとにこと細やかに考えることの重要さに改めて気づかされました。

わたしたちの設計はその土地に、その場所に、バランスよく佇み、そして、大切に暮らせる家になるよう、お手伝いをさせていただくこと。それがわたしたちが特に重視し大切にしている点です。


◎DESIGN 

住まい手の暮らしや生活を重視した設計をします

小さくても上質な家を

毎日をさりげなく暮らせるように、気配りの行き届いた設計を心がけています。設計のご依頼があると、ヒアリングシートで細かに要望をご記入いただきます。でも、実は具体的に書けない部分も多いんです。リビングは何畳、寝室は何畳、と答えられたら、ハウスメーカーでもいいわけですから。だから、わたしたち設計士に依頼してくれているんだなと、最近思うようにもなりました。このご家族には、どんな具合が一番いいのかな、と模索しながら一本の線を大切に図面を引いています。


◎COMMUNICATION 

ふたりで話し合ってつくる客観性

・例えば、マイホームを建てようとするご夫婦、ご家族、カップル。男女の違いやライフスタイルの違いで意見がぶつかることもあります。設計者一人よりも二人で対応することで、お互いが客観的になれたり、納得して次に進めるような話し合いができます。住まい手と一緒になってかたちを作り上げていく、わたしたちはチームメイトほかならない関係を目指しています。


◎COST 

予算のトータルコントロール

1414465905195

・住まい手の立場に立ち、実際にかかる全体の予算を想定しながら設計を進めます。工務店に見積依頼をかける前に、設計事務所にしてはめずらしく、かなり細かいところまで見積拾いをするときもあります。施工業者の選定も、業務の一つです。どのような手法を使えばコストダウンにつながるのか?住まい手の立場になって優先順位を見極めながら、見積の適正さや予算の組み立て、提案をします。時には、施工会社によってコストの開きは20%近くになることもあります。一概にはいえませんが仕様変更などで計画内容をあまり変えずに10%近く減額を行えることも多々あります。最終的に設計監理了を上回る予算調整が可能なことも多く、設計事務所が計画に関わることで施工費が抑えられるケースもあることを知っていただけると嬉しいです。


◎SCHEDULE 

計画に必要な期間・工事期間をトータルで組み立て計画します。

DSC_0987

・十分な打合せ・検討を大切にしておりますので、ご相談からご入居までは最短でも1年以上かかるとお考えください。着工まで通常半年~1年,工期は6か月~8か月程度かけています。(規模にもよります.) 住い手さんとのお打合せは基本設計時は2~4週間に一回程度、ご納得頂くまで時間をかけてまとめます。詳しくはこちら


◎設計監理料について

・国土交通省の取り決めた告示を基準としております。設計業務と監理業務を人件費計算し、細かな項目で提示しておりますが、兼ね工事費の10%程度+消費税が目安の金額になります。建物の構造・規模・敷地条件によってはそうならないこともありますので、ご相談ください。設計監理料については早い段階で取決めして、ご納得いただいたうえで設計に入らせていただいております。各種申請代行は設計監理料に含まれますが、申請手数料は含まれません。また特殊な構造計算や長期優良住宅の申請が必要な場合は別途料金が必要になる場合があります。あらかじめご了承ください。

時間をかけてまとめます。詳しくはこちら


◎建物のご予算について

・ハウスメーカーや工務店のように「うちの設計で建てる家は坪単価○○円です」と、明示できるものはありません。1棟1棟、敷地も違えばお客様の要望も違う、建物の形、仕様、構造すべてが変わってくるからです。木のもつ質感やぬくもり、見た目の設計…安藤建築設計室の色を十分に発揮できる家は、一般的な既製品を多用した家と比べると、大工さんや左官さんといった匠の協力が必要な部分が大多数です。木造の総2階であれば60万円~70万円/坪となることが多いです。ご参考になれば。